スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いただきもの
コーラスの仲間からこんなめずらしいものを頂きました。
P1010289n.jpg

レシピまでついています。

P1010293n.jpg

左からイタリア風トマトドレッシング
グレープシードオイル(ハープ&チリ)
ゆずみそドレッシング

食いしん坊の私にピッタリのめずらしい物を見つけたのでと言って
プレゼントをしてくれた若い彼女も料理上手です。
コーラスで頑張ってる私にご褒美かな!!

いろんなお料理に使わせてもらいますね。
スポンサーサイト
いちじく ジャム
先日、道の駅へ買い物に出かけたときジャム用のいちじくがあったので
(それも格安)はじめて作ってみました。


P1010288n.jpg

P1010287n.jpg

レシピ

皮をむいた、いちじくの分量を量る。
分量の30%のグラニュー糖をいちじくにからませておく。

最初は中火にかけぐつぐつしてきたら、ごく弱火にして焦げ付かないように
かきまぜながら30分ほど煮る。
とろみが出てきたらレモンの絞り汁(一個分)を入れ火を止める。

これで出来上がり。簡単ですっごく美味しいですよ。
始めての挑戦でしたが結構うまくできました。
久しぶりのコンサート
先日「西本知美」さん指揮
オーケストラ:英国ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会にいってきました。

ひさしぶりのシンフォニーホールです。

300px-The-Symphony-Hall-01.jpg

木が生い茂るホールへのアプローチが好きです。

今日のプログラムは


一部はモーツアルトのピアノ協奏曲
二部はマーラーの交響曲7番です。

近頃は音声ガイドで席を取るのが多いのでS席なのに場所は
前から二列目、舞台を見上げるかっこうなので首が痛くなります。
しかし指揮者がタクトを振り下ろす瞬間の息使いがこちら迄聞こえて
くるので迫力があります。
躍動感あふれる指揮はかっこよく何度みても飽きません(今回で二度目)。

マーラーだけで一時間を超える演奏、終わった瞬間あらしの様な拍手喝采!!
気が付くと手は真っ赤(笑)
1700人が入る会場は満席で補助イスも出ていました。
また立ち見のかたが大勢いたのにはこれまた驚きでした。


夕食も楽しみのひとつ、このホールのすぐ傍に
行きつけの中国料理のお店があります。

P1010270n.jpg

四つのテーブルとカウンター席があるだけのこじんまりしたお店です。
シェフが一人、目の前で作るのが見えて楽しいです。
ここのお料理はとにかく美味しいんです。

友人と二人で分けあって食べようということにしました。
特に美味しかったものをアップしました。

P1010274n.jpg

フカヒレがたっぷり入ったスープです。(絶品)

P1010275n.jpg

牛のヒレ肉ときのこの炒め物(このソースは何を使ってるのかな?興味深々の彼女は栄養士)

P1010277n.jpg

これは私が毎回注文するエビのすり身がたっぷり入ったロールパンの揚げ物、
しつこくなく塩であっさりいただきます。

この他にも野菜サラダや〆にあんかけの焼きソバも。
お腹がいっぱいになりました。
演奏会で居眠りが出たらどうしようと笑いながら会場へ。。

美味しい料理と素晴らしい演奏会。
充実の一日でした。友よ、またご一緒しようね!!
可愛いいただきもの
「GRAND FOUR]
東京から関西へ初出店なんですって。

P1010264n.jpg

今流行のマカロンです。
それぞれ食感が違うクリームがサンドされていてとても美味しいです。
色もカラフルで見ていて楽しい!!
日本茶にもお紅茶にもよく合います。
すぐれもの
最近こんなものを手に入れました。

コーラスの練習に欠かせないもので「ICレコーダー」です。

P1010267n.jpg

携帯電話より小さく重さも47グラム軽量で持ち歩くのにとても便利です。
好きな音楽をパソコンから取り込んで楽しむことも出来るので重宝しています。

日々進化しているメカに付いていけない私ですが、まわりには強い味方がいて
いろいろ助けてもらってます。

27日の「名曲コンサート」本番が間直にせまってきました。
あせってます。


ヘルシーグルメ教室
月に一度のヘルシーグルメの日です。

今日は「お腹ひっこめ大作戦」をテーマにお話がありました。
メタボ解消には適度な運動が欠かせません。
また食事にも注意が必要です。

お酒を飲む人は週に一度の休肝日を作ること。
テレビCMの間にスクワットをしたり、歩くときは手を前後に
大きく振ることなど。

おかずのメニューも組み合わせに注意をすること。
いつも言われることですがバランスの良い食事です。
歯ごたえのある食材を使ってよく噛んで食べる習慣をつけることなど
言われてみればごもっとも、これがなかなか実行できません。

今日のメニューは、韓国風ちらしずし
           ホタテと野菜のあっさり炒め
           きのこのピリ辛スープ
           ピオーネのジュレ  の四品です。

P1010227n.jpg

ご覧のように今日は野菜がどのお料理にもたっぷり
使われているので切るのが大変(お仲間と楽しくおしゃべりだと苦になりません)。

P1010228n.jpg

韓国風ちらしずし(上にのってる具はビビンバと同じで味付けも同様)です。
酢飯なのでビビンバよりあっさりして食べやすいかもしれません。

P1010229n.jpg

ホテテと野菜のあっさり炒め
味付けは酒、塩、コショーだけです。
見た目にも上品でやさしい味です。

P1010230n.jpg

きのこのピリ辛スープ
野菜がたっぷり入って土生姜、にんにく、タカノツメで少しパンチが
効いて美味しいです。

P1010232n.jpg

ピオーネのジュレ
今日のデザートに使われているのは栄養士の故郷岡山産ピオーネです。
赤ワインも少し入って香りもよくゼリーで固めて出来上がりにヨーグルトをかけていただきます。

出来上がったお料理に舌ずつみ、お腹がいっぱいになりました。
ごちそうさま!!!
いちじくのワイン煮
美味しそうないちじくが出回ってきました。
ワイン煮はフランス料理のデザートにも出てきます。

主人が大好きな一品で今年も作りました。

P1010221n.jpg

レシピを参考に私なりに作りました。

いちじく 10個

赤ワイン 200cc
さとう  50g
水   100cc

材料をすべて鍋に入れ煮たったら弱火でコトコト30分ほど
煮ます。
仕上げにレモンの絞り汁(1個ぶん)を入れると出来上がりです。

いちじくの甘さを考えて砂糖の分量を控えめにしました。
主人がさっそく試食。。
感想はウンウン「うまい」ですって。

生クリームをかけても美味しいです。

多めに作って冷凍しておきます。
家族がそろう正月に出したら喜ばれました。

夕食の一品
しゃぶしゃぶ用の豚肉があったので

P1010208n.jpg

冷しゃぶのねぎしょうがソースかけにしました。

きゅうりはピーラー(皮むき器)で長く薄くむき、氷水に放してパリッとさせます。

ソースの材料は
醤油 大匙3、酢、大匙1、水 大匙2 砂糖 大匙2 豆板醤 小匙1/2

みじん切りのねぎと生姜をソースにまぜ茹でた豚肉にかけます。
きゅうりを中央にふんわり盛り付けると見た目にもきれいでいくらでも食べれます。
とりちゃんマミィーさんのレシピにヒントをいただきました。


食欲が落ちたときシーフードカレーをよく作ります。
サフランライスでちょっとオシャレにしました。

P1010215n.jpg

夏野菜をたっぷり入れます。
この日はズッキーニ、パプリカ、トマト(今年はトマトがたくさん収穫できたので
丸のまま冷凍しています)。あとは定番の野菜。

フライパンでニンニク、イカ、エビを炒めて白ワインをふりかけておきます。
厚手の鍋に野菜を炒めカレー粉(私はインディアン食品のカレー粉、いろんなスパイス
が入っていてとても美味しい)も加えて炒めあとは煮込むだけです。
カレールウも少しいれます。
野菜に火が通れば先のシーフードを入れて最後に牡蠣醤油、ニンニク醤油
などを入れたら出来上がりです。

サラッとした感じに出来上がります。
食欲もわいてきますよ(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。