スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雛御膳 と ぶら~り散歩
本格的な懐石料理は久しぶり、胸がわくわくします。

P1020444n.jpg

お品書きが達筆で書かれています。

P1020420n.jpg

市松模様の座敷机が豪華です。

P1020417n.jpg

八寸です。白酒がまったりと飲みやすく、雛の器の中には、赤貝のぬた和え、
飯蛸柔煮が、生湯葉そしてフォアグラムースも美味。

椀物

このお椀はこの時季だけ出される特別な器だそうです。
白魚と胡麻豆腐の上品な椀物です。

P1020426n.jpg

色も形も可愛い器で、お刺身も新鮮です。

P1020430n.jpg

雛の蒸し寿司

グラタン

豆乳グラタン
車海老、銀杏、山芋そして上にのっているのは松の実です。

P1020434n.jpg

土鍋  身が厚い鰆の酒蒸し、豆腐、大きなどんこなどが入っています。

P1020436n.jpg

小鉢  子持ち昆布、わらび、木の芽すっかり春です。

P1020438n.jpg

中皿  鯛甘酢あん掛け、筍、アスパラなどの天ぷら

P1020440n.jpg

留椀

P1020442n.jpg

水物  グァバジュース、きなこムースなど色鮮やか!!

雛御膳 完食です。

器も出された全てのお料理も薄味で本当に美味しくいただきました。
盛り付けも彩りも華やかで春爛漫!!
日本人でよかった~と思う瞬間です。

これから腹ごなしに桜見物と行きますか(笑)  続
スポンサーサイト
老舗 料亭「ちもと」と お雛様
寒の戻りで寒い京都へやってきました。

今日は老舗の料亭「ちもと」の懐石膳と由緒あるお雛様を見に
やってきました。
桜も見れたらいいのですが、此処の所寒い日が続いているのでどうかなー?

京阪「祇園四条」駅下車、四条大橋のたもとに警察官がちらほら
立っています。
何の警護が聞いてみたら天皇、皇后両陛下が通られるとのこと、
五日間、ご滞在されているとか。

こんな可愛い舞妓さんを見かけました。

舞妓

都踊りのお稽古に行かれるのかな?
かんざしが良く似合っています。

四条大橋を渡ってすぐのところに「ちもと」があります。

暖簾

友人に誘われなければ敷居が高くて来れない処です。

入り口を入ると正面に大きな衝立が目をひきます。

P1020455n.jpg

大きなお座敷からは

P1020397n.jpg

加茂川の流れの向こうに「南座」が見えます。


お雛様を鑑賞する前に節句の由来や歴史に関する詳しい説明を聞くことが
出来ました。

元々は中国からの伝来で五節句のひとつで、公家→武士→町民文化へと
発展しました。

P1020402n.jpg

P1020403n.jpg

↑は大正時代に宮大工と人形師のコラボで作られ作品はふたつだけ、
ひとつは皇室へ、そしてもうひとつがこの「ちもと」にあります。

宮大工の製作だけあって釘ひとつ使われていません。

P1020383n.jpg

お道具も立派で、見ていて楽しくなります。

P1020411n.jpg

金屏風の前には桃と椿の花が上品に活けられていて豪華さをかもし出しています。

P1020393n.jpg

江戸末期のもので、真太呂作の木目込み人形と
清水焼の器です。

P1020409n.jpg

焼き物好きの人にはたまらない品ばかりです。

P1020384n.jpg

花

匂い袋                           

天井の明かりや何気なく活けられている花の数々、そして匂い袋
何もかもが素晴らしいの一言です。

次は楽しみの食事です。(続く)


春の食材
お墓参りに行く途中、久しぶりに「道の駅」に寄りました。
冷たい雨が降っているのにもかかわらず、たくさんの買い物客でにぎわっています。

入荷したばかりの「若ごぼう」を見つけました。
今夜のおかずのメニューが決まりました。

ごぼう

「若ごぼうと揚げの煮物」と「新たまねぎ」のコンソメスープ煮です。

新たまねぎはコンソメの素で柔らかくなるまで煮て塩、コショウをするだけ
とても簡単で美味しいです。

今夜の夕食はこんな感じで~す。

P1020376n.jpg

ハンバーグに添えてる新キャベツも柔らかくていくらでも食べれます。

少しだけ春を感じることが出来ました。

ヘルシーグルメ教室
今日は月に一度の料理教室に行ってきました。

メニューは「手まりずし」「よもぎ麩のお吸い物」「うどのフルーツサラダ」
「たけのこの土佐煮」、「花びらもち風クレープ」と春一色です。

テーブルの上にはずらーりと料理が並びました。

P1020365n.jpg

大皿に盛られた「手まりずし」が豪華です。

P1020360n.jpg

「手まりずし」はラップにサーモン、青じそ、錦糸卵、すし飯を
のせてにぎります。
表に返してラップを絞って形を整えます。

春

「うどのフルーツサラダ」
中味はうど、貝割れ、グレープフルーツそしてイチゴです。
ドレッシングはグレープフルーツの果汁、サラダオイル、塩コショウです。
サッパリとした食感です。

「花びらもち風クレープ」薄い桜色の和菓子、ほんのりと甘い食感が良いです。


お吸い物も土佐煮も美味しくできました。

厚めに剥いたうどの皮でキンピラも作りました。
主婦の賢い知恵ですね。

今期、会計などを引き受けてくださった役員の方に感謝を込めて
花束の贈呈がありました。

P1020355n.jpg

P1020359n.jpg

一年間お世話になりました。

マグロの漬け丼
夕食に前から一度つくってみたい丼がありました。

行きつけのスーパー(ここは特に新鮮なお魚が安くて美味しい)にいきました。
今日は目の前で天然のブリの解体の実演販売、これを見せ付けられると買いますでしょうね。

隣の棚には、きはだマグロの切り身が美味しそう。
アサリも大きく、食べやすそうなのでお味噌汁に決まりです。

P1020351n.jpg

P1020352n.jpg

漬け汁は味醂、酒、濃い口醤油を煮きって冷まし、マグロを30分漬けるだけ。

丼にご飯をいれ、その上に焼きのりの短冊切り、漬けマグロ、大葉の千切りをのせて
出来上がり、ワサビをつけていただきました。
アサリも砂が噛んでなくてお味噌汁もおいしかったです。
きんぴらごぼうもね。

このスーパーは特にお魚が新しく品数も豊富なのでつい買いすぎちゃいます。
野菜類も同じくです。あとはお財布が心配なだけ(笑)
牛肉のタタキ と いちごジャム
久しぶりのブログです。

タタキ用の牛肉が4割引だったので久しぶりに作りました。
作り方はいとも簡単で美味しい?です。

お肉を濃い口醤油に30分ほどつけておく。
熱くしたフライパンに油を入れ肉の全ての面にしっかり焦げ目をつける。

氷水にじゃぼんと入れペーパーナプキンでしっかり水気をふき取り、ラップに
くるんで冷凍庫で凍らす。

食べる1時間程前に出して切ると薄くきれいに切ることが出来ます。
タタキは薄いほうが食感がよいので。

P1020341n.jpg

さらしたタマネギをたっぷり用意してポン酢といただきます。

今年もイチゴの季節がやってきました。

主人が参加のふるさとクラブで取れたイチゴで今年一番の
ジャム作りです。

ヘタを取るのは主人の役目です。

P1020347n.jpg

2キロでこれだけ作れました。

P1020350n.jpg

グラニュー糖は4割を使い甘さは少しひかえめです。
イチゴの形を残しサラッとした舌ざわりがいい感じに出来上がりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。