スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパイシーケイジャン唐揚げ
たまたま見つけたサイト、お家で教えてもいらっしゃいます。


スパイシーな鶏のから揚げ(クレイジーソルトが決めて)

1:鶏の胸肉をそぎ切り、たっぷりめのクレイジーソルトをもみ込みます。
胸肉の時はオリーブオイルも少したらしてもみ込むと、味がしっとり。

2:衣

卵 1個
塩 少々
小麦粉 大さじ2
片栗粉 大さじ2
ブラックペパー

1を2の衣につけ、180度の油でかりっと揚げる。


P1060071_edited-1.jpg


私が今まで食べたから揚げのなかで一番美味しい!!

オーバーでなく本当に。
主人もひと口食べた途端に、これは上手いですって。



スポンサーサイト
美味しい食べ物
夏は大忙し。。

孫がまだ小さいので外食はできません。

ので、ひさしぶりに「手巻きすし」(松源にこちらの予算と好きなネタを云ってオーダー)


P1060058.jpg

ウニ、中トロ(この二品はリクエスト)他にも、シマアジにキンキなど豪華版!

P1060059_edited-1.jpg

P1060062.jpg

「松源」は魚がとにかく新鮮で安価、ネタも多すぎるかな?って思いましたが
ペロッと食べちゃいました。


四日間滞在の息子ファミリー、体重が二キロ増えたと云って帰りました。
天空の月山、散策   三日目(最終日)
月山・弥陀ヶ原 、8合目(標高1400mにある天空の楽園をガイド2名同行で歩きます)


ガイドブックには

「無垢の大自然が残る月山にはいろんな生命が息づいています。」とあります。



湿原の中をぬうように遊木道が整備され、いろんな花を見ることができます。

P1050963.jpg


P1050997.jpg
沼の中の植物、これも花なんです。

P1050983.jpg
こういう立て看板も。


P1050967.jpg

木道から「キンコウカ」が今を真っ盛りに咲いているのが見えます。

P1050976.jpg

湿原の中には「48」の大小さまざまの沼が散らばっています。(あっという間に霧が)
山の天気は変わりやすい!!



遊歩道から見ることが出来た高山植物の数々。

P1050959.jpg P1050970.jpg P1050965.jpg
                              
P1050991.jpg P1050987.jpg P1050998.jpg

P1060010_edited-1.jpg P1060012.jpg P1060014.jpg

P1060017.jpg P1060007.jpg P1060021.jpg
 

出羽三山の主峰月山は標高1984m。
曲がりくねった狭い道をバスで8合目まで行くことができ、楽しくウオーキング
ここでもマイナスイオンをたっぷり吸って、心も体もリフレッシュ最高!!


三年連続で東北地方を訪れ、ますますこの地が好きになりました。
緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景は見飽きることがありません。 

桜の季節にまた来たいな。














中国料理「鴛鴦」で夕食
夏休みのある一日、息子たち家族がどっとやってきました。

食べることが大好きな一家(血筋は争えません)笑

運よく「鴛鴦」の予約がとれたので・・・

P1060038.jpg


前菜の盛り合わせ  

P1060025.jpg

綺麗な盛り付けに孫たちからウワー!

P1060027.jpg

冬瓜とカニ肉のスープ(あまりに美味しいのでシーン)

P1060028.jpg

ホタテ貝柱のマヨネーズソース和え(マヨネーズが苦手の長女もこれはいける、ですって)

P1060031.jpg

せいろの蒸し物、三種盛り

P1060033.jpg

牛肉の黒こしょう炒め(ブロッコリー、アスパラ、シメジレンコンなど野菜もたっぷり)
  二品とも湯気がたって画面がね。

P1060034.jpg

P1060035.jpg

ここの杏仁豆腐はプリンのように滑らかで美味しいです。

ゴマまんじゅうが大好きなので追加注文

P1060037.jpg


全員で”お腹いっぱ~い”

夏休みに入って生駒山の「お化け屋敷」へ行ったこと、長女が水泳大会で優勝したことなど
たのしい会話が延々続き大きな笑い声に(シィー)
甘えん坊の次男は水泳に野球、前後がわからない位真っ黒。

ママは大変でしょうが皆が元気なのが何より、がんばってね。
旅行 二日目   鳥海山ウオーキング
今日のコースは朝から最上川の船下り、ランチの後は鳥海山麓ウオーキング。


船着き場の入り口はこんな感じ。ふっくら可愛い女性は東北弁丸出しのガイドさん。

P1050797.jpg


松尾芭蕉の句 「五月雨を あつめて早し 最上川」 

今年は例年になく雨量が多くて水が濁っています。

P1050828.jpg

船頭さんの舟歌とガイド(ズーズー弁で分かりずらい)笑

涼しい風が水面を渡り心地いい、絶好の川下りになりました。

P1050834.jpg

赤い鳥居の向うに「白糸の滝」が見えます。



通称、最上川コンビニで焼き立ての、アユの塩焼きをほおばりました。(絶品)


この後風力発電が回っている風景を見ながら酒田市へ。


P1050840.jpg


酒田山居倉庫

P1050849.jpg


庄内米の貯蔵庫で明治26年に建てられたもの。ケヤキの並木と相まって歴史を感じる美しい場所。


鳥海山麓・元滝伏流水へ。

元滝伏流水は鳥海山の伏流水が岩の隙間から流れ出てきている感じがしてとても神秘的な感じがします。高さは5m、幅は30m程度の小さい滝ですがその清涼感は想像を超えます。外気との温度差があまりにもある為に周囲が霧状に包まれているのです。その為か滝周囲は苔が張り付き、滝の白と苔の緑のコントラストが絶妙で来る人を感動させてくれます。


P1050874.jpg

P1050879.jpg

こういう場所にボケーと何も考えずに座っていたい!



P1050868.jpg

秋田杉の木立の中、オレンジ色の山ユリが可憐に咲いていて。

P1050871.jpg

P1050870.jpg

清流がずーっと続きます。

青い空にどこまでも続く緑の木々、そして水のせせらぎに来て良かった~(*^。^*)





天空の「月山」・「鳥海山」・「蔵王」への旅 一日目
前から訪れたかった場所のひとつへ、二泊三日の旅が実現しました。


P1050717.jpg

P1050722.jpg

夏休みに入って空港には子供連れの親子が・・・
さっそく宿題?の絵を描きにスケッチブックに真剣に取り組んでいる後姿が可愛い!


蔵王に向かうバスの窓からは緑のじゅうたん、日本の原風景が広がっています。

P1050723.jpg


庄内平野を走る羽越本線の電車、本数が少ないので滅多に見れないとか。
のどかな、こんなのが好き!!


途中、道の駅で一休み。

P1050733.jpg

ミニサイズのソフトクリーム(濃厚でメチャ美味しい)


蔵王エコーラインを通って、カルデラ湖=お釜(霧の深い神秘の湖)へ。

今日の天気は朝からコロコロ変わって青空が広がると思いきや、雲が出て雨が
降り出したりと・・

目的地に到着寸前、あたり一面が霧、何も見えない。

しかし、しかし奇跡が起こりました。

一瞬、湖が顔を覗かせてくれました。(エメラルドグリーンの湖面)


P1050737_edited-1.jpg

見ることが出来てほんとうに良かった~。
ガイドブックに書いてあるとおり霧が深いんですね。


今日のお宿は「蔵王国際ホテル」


夕食には、有名な芋煮

P1050749.jpg

P1050750.jpg

米沢牛のシャブシャブ
他にもいろいろ。。。

ここの売りは、なんといっても温泉!

造りがあまりにもすごいので翌朝、風呂場にカメラを持参。

お風呂に通じる廊下がいい感じ。

P1050759.jpg

P1050775.jpg


露天風呂
雨の時もこの菅傘をかぶって入るのでしょうね。(いい湯だな~)

P1050761.jpg

P1050777.jpg

外の景色を見ながら足湯に浸かるのも、乙なものです。

どこもかしこも木が贅沢に使われて・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。