スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄板焼き「五山望」
京都散策の日、ホテルグランヴィアにある「五山望」でランチです。

P1060305.jpg

早めに予約を入れたので眺めの良い席に案内されました。

P1060276.jpg

目の前には京都タワー、遠くには山の稜線が綺麗に見えます。


レディースランチをオーダー。


巻き貝の付きだし
P1060273.jpg


前菜  カンパチのジュレ
P1060278.jpg


お茶パンときのこのポタージュ
P1060282.jpg


目の前で焼いてくれるので見ていて楽しい!!

P1060283.jpg



スズキのソテー(皮までパリパリ)
P1060285.jpg


フィレ肉のステーキ(小鉢の中味はニンンクのチップス)
P1060291.jpg


サラダ
P1060288.jpg


ご飯 味噌汁 香の物
P1060292.jpg


きな粉のアイスクリームとプリン
P1060299.jpg


どれも最高に美味しかったで~す。
それに、どの器も素敵で目を楽しませてくれます。

高級鉄板焼きのお店と云うだけあって大満足のお味でした。




P1060270_edited-1.jpg


この日は朝から伊勢丹7Fいある美術館「えき」で開催の「高須高徳展」も
鑑賞したので・・・



スポンサーサイト
 坂本竜馬の足跡を訪ねて
京都出身の友人の案内で「坂本竜馬」の足跡を訪ね歩きました。

秋晴れと緑の木々のなか高瀬川沿いに歩ていると、こんな立て看板に出会いました。

P1060308.jpg

P1060309.jpg

当時はこの川に高瀬船が出入りして、舟の荷揚げをしていたことが書かれています。
威勢のいい掛け声が飛び交っていたのを想像したりして。


P1060322.jpg



竜馬と海援隊ゆかりの地「酢屋」
2階がギャラリーになっていて竜馬に関する資料が展示されています。


ryoma03 酢屋


材木商の「酢屋」は290年続くお店で当主の酢屋嘉兵衛は竜馬の活動に大変理解を示し、
その活動の援助に力を注いでおられました。

竜馬は「才谷」さんと呼ばれて、二階の部屋に住んでいました。
遭難の年(慶応3年)に、姉の乙女さんに5mに及ぶ長文の手紙をしたためておられます。
(文中には酢屋に投宿している旨も書かれてありました。)

この後醤油商「近江屋」に逃れて二日後に 龍馬(33才)と中岡慎太郎(29才)が刺客に暗殺されました。


ryoma01.jpg







本日の〆は喫茶店「フランソア」で

P1060327.jpg

P1060324.jpg

国の登録有形文化財(建造物)指定されただけあって
なかのインテリアは何もかもがクラシック!!
藤田嗣治や太宰治などの各界の著名人が訪れたことのある有名な喫茶店!

さすが京都に生まれ育った友人。
いろいろ案内してもらうことが出来充実した一日でした。
そして竜馬のことも少しは詳しくなったかな??






インド料理店「サパナ」 & 秋景色
富田林駅前にあるインド・ネパール料理店「サパナ」


P1060255.jpg

店内はこじんまりして、家庭的な雰囲気。

二人でランチメニューをオーダー。

P1060252.jpg

彼女はエッグカレー

P1060251.jpg

私はキーマカレー
大きなナン、サラダ、アチャール

どれも美味しかったですよ。

チャイも飲みたいねと。。

P1060254.jpg

ほどよい甘さがグッド!



この日は「天高く」絶好の観光日和!
こんまま、家に帰るなんてもったいないよね、ってことに。

大阪で唯一の村「千早赤坂村」にある棚田があるのを思い出し行っていることに。


見てください、この素晴らしい景色!!

P1060268.jpg

P1060266_edited-1.jpg


棚田百選にも入っているんですって!!これって絵葉書ではありません。

P1060262.jpg

日当たりが良いせいか彼岸花は少し色あせて見えました。


遠くにPLの塔がはっきり見えます。

P1060265.jpg

気持ちの良い秋晴れ、最高でした。



車を走らせていると、通りの土手にもたくさんの彼岸花が咲いているのが見れて。

P1060256.jpg

たわわに実った黄金色の稲穂が風になびいて、秋を満喫した一日になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。