スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花の文化園&絵画展
快晴のこの日「花の文化園」へ・・・


大きなテラコッタの人形が出迎えてくれました。

P1010650.jpg


P1010667.jpg

園内は色とりどりの花が咲き乱れて!


新緑の緑が涼しげです。

P1010661.jpg



P1010657.jpg
                          P1010685.jpg


ボタンにシャクナゲも今や盛りと咲いて!


歩き進んでいくと

P1010689.jpg

ウワ~!すごいね!
藤の花と白いチューリプ、後ろの温室の建物に青い空!!



今日のもうひとつの楽しみは

P1010676.jpg


ブログでお邪魔している方の作品展へ・・・


P1010678.jpg
                          P1010679.jpg


ファンタジックで優しい色使いが素適ですよね。(お菓子の先生もなさっています)
すごいなぁ・・・



どこまでも青い空が広がって・・ゴールデンウイークも良いお天気になりますように。

P1010673.jpg


つぎは中旬に咲くバラを見に来なくてはね。

スポンサーサイト
第51回 大阪国際フェスティバル2013
フェスティバルホールこけら落とし公演/ヴェルディ生誕200年記念

新しくなった音楽の殿堂「フェスティバルホール」、この日を待っていました。

フェニーチェ歌劇場  ~ガラ・コンサート~

演目
 ロッシーニ:「アルジェのイタリア娘」より序曲

 プッチーニ:「蝶々夫人」
       ピンカートンと蝶々夫人の二重唱(夕暮れは迫り)


 プッチーニ:「ラ・ポエーム」
       ロドルフォのアリア(冷たいこの手を)
       ミミのアリア(私の名はミミ)
       ロドルフォとミミの二重唱(ああ、愛らしき乙女)

 ヴェルディ:「運命の力」より序曲

 プッチーニ:「蝶々夫人」のアリア(ある晴れた日に)

 ヴェルディ:「マクベス」合唱(虐げられた祖国)

 ヴェルディ:「ナブッコ」合唱(行け、黄金の翼に乗って)

 プッチーニ:「トゥーランドット」カラフのアリア(誰も寝てはならぬ)

 ヴェルディ:「アイーダ」フィナーレ合唱(エジプトとイシスの神に栄光あれ)


どの曲もすばらしく、客席からのブラボー、ブラボー!!がすごい。

聞きなれた「ある晴れた日に」、「誰も寝てはならぬ」、「黄金の翼に乗って」
の曲にはジーンときました。合唱もすごかった!


新しくなったホールの音響のすごさはなんと表現したら良いのか
天井からフワァと音が降り注いでくるような、やさしく包まれるような音の響きを
感じました。ppの音もきれいに豊かに伝わってきて心地いい・・


アンコールの「ウイリアム・テル」が終わって
照明がついても拍手がなりやまず


P1010634.jpg

二度目の「黄金の翼に乗って」の合唱ではウルウルしながら一緒に口ずさんでいました。




この日はPM7時開演。早めに行って記念に写真を撮りましょうと・・

P1010615ぼかし

私たちと同じように記念写真を撮っている人たちを、たくさん見受けられました。


P1010630.jpg

開演前のひと時、和服姿のご婦人たち華やかですね。


P1010628.jpg

客席に向かうエントランスも!

幕間のひと時、ホワイエでグラスを持ち語らう人たち!

P1010632.jpg


お祝いの豪華な花がいっぱい飾られて!!


P1010636.jpg


真紅のなふかふかの絨毯、エスカレーターもこの一瞬を楽しむかのように
ゆっくり上がっていきます。

着飾った紳士、淑女に囲まれて異空間にいたような気がするゴージャスな時間を
共有でき本当に幸せでした。生涯忘れないよねと・・・

必死で手に入れたこの日のチケットにカンパ~イ!!


翌日の新聞

P1010638.jpg

舞台からは客席がこんな風に見えるんですね。
私が座った2階の席からも舞台がよく見えました。(イスもゆったりで座り心地も良く)。


あと2か月ちょっとで私もこの舞台に立ち歌います。

曲はヴェルディ「レクイエム」です。
この瞬間からドキドキ・ワクワク!!ホールで出会ったコーラス仲間と
がんばろうね!と約束して別れました。

今夜は興奮して寝られないかも、です。
京都市立美術館&さくら
このところ連日のコーラス強化練習やなんかで忙しくやっとアップができました。

京都の花見がてら「ゴッホ展 空白のパリを追う」を鑑賞しに。


京阪三条駅から東西線で東山駅で下車。徒歩で5分、平安神宮に到着です。

その道すがらの風景、満開のソメイヨシノ、風が舞うと花吹雪に行き交う人や
道そして川面にも花びらが!!!


P1010551.jpg


P1010553.jpg

赤い欄干からの景色もね。

P1010557.jpg

市立美術館のクラシックな建物に時代を感じます。
平日なのに春休みもあってか中は、結構込み合っていました。
圧巻だったのはゴッホの自画像、点々で描かれた作品の前でしばし見とれて!!


ランチは川沿いのオープンカフェで。     

P1010563.jpg

観光シーズンとあってか大勢の外国人に出会いました。
口々にbeautifulを連発!
この親子もそう、私の隣に座ったかたはイスラエル人の女性で
一人旅だそうです。桜をバックに写真を撮ってあげたら喜んで(国際交流)!


P1010565.jpg


P1010566.jpg


本日のベストショットかな???
向うにランチをしたカフェが見えます。


このあと予定を急きょ変更、朝日新聞の掲載をみて、
八幡の「背割り桜」を観に行くことに。

P1010570.jpg

長い橋の途中からの眺めです。

P1010573.jpg

並木道を歩き

P1010575.jpg

曇り空でしたが行く価値ありでしたよ。


帰りは高島屋で、なだ万の花見弁当を買って夕飯に(笑)。

P1010579.jpg


さくらは何度見ても飽きない春のおとずれを感じさせる花ですよね~~

今月末から東北へ・・・
ことしは桜三昧で~す。

弘川寺 の さくら
富田林に位置する「弘川寺」、西行法師ゆかりの地でもあります。

   願わくは 花の下にて春死なむ
      そのきさらぎの望月のころ    西行


西行の願い通り、73才当寺で亡くなりました。


P1010516.jpg

駐車場近くにある桜です。色が交ざりあって美しい。

P1010511.jpg

アップで撮るとボカシが入って!!
梅も満開でした。


隅屋桜(すやさくら)

P1010520.jpg

境内の入ったところにあり鐘楼の前に一本だけで・・


なかは回廊になっていて

P1010524.jpg


P1010534.jpg


P1010530.jpg

この日は薄曇りだったので苔むした緑色が綺麗に出ないのが残念・・


西行記念館

P1010540.jpg

宝物殿のなかには西行法師の辿った地など生涯を記した多くの
資料を見ることができます。


生前、母と何度も訪れたこの静かな佇まいのお寺。
思い出がいっぱい詰まった大好きなお寺です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。