スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三日目   函館観光
姉が一番訪れたかった今回の旅  ~函館~


ランチはお寿司:下調べをした回転すし店へ(写真を撮るのを忘れてしまってます)

そして

P1020065.jpg

函館港


ベイエリア:この辺りは異国情緒たっぷりで石畳の道を歩くのも楽しい!!

P1020066.jpg


運転手さんのお奨めの立ち待ち岬へ。


P1020076.jpg

断崖絶壁の景色に目を見張りました。

P1020079.jpg

P1020071.jpg

ハマナスの花が満開で綺麗でしたよ!!

立ち待ち岬に向かう途中には石川啄木一族のお墓がありました。


今日のお宿は湯の川温泉「望楼 NOGUCHI」


P1020084.jpg

どこかで見た名前(笑)

P1020086.jpg

天然温泉かけ流しの客室風呂付きのお部屋、ちょこっと贅沢な気分。
いつでもゆっくり入れて嬉しいです。


P1020085.jpg

部屋からは津軽海峡や雄大な函館山が見え最高でした。


夜は、あの函館山の夜景を見にいきます。(もやが立ち込めることが多いこの時季
頂上からは五分五分の確立でしかしか見ることが出来ないそうです。)


P1020104.jpg

2合目から見た夜景!!きれ~い!!!


ここの海は右が津軽海峡、左が函館湾。

じつはこの明かり、函館市を上げて暮らしや街並みを生かした夜景づくりを目指してきた成果。温かみのあるオレンジ色の街灯を整備したり、歴史ある建物をライトアップしたり、家庭の明かりをパワーアップしたりと、夜景を引き立たせる取り組みが実を結んで、「宝石箱をひっくり返したような」にぎわいの明かりをつくり出しています。といろいろ教えて頂きました。(目にしっかり焼き付けました。)


このあと昼に訪れたベイエリアに・・夜は別世界!

P1020110.jpg


坂道が多く、坂を登りきったところに明治時代に建築された洋風の建物、
鹿鳴館を思わせる公会堂(今でもクラシックの演奏会などに使用されています)、
ハリスト正教会、そしてフランスの教会などがあり見て飽きることがありません。
また高級住宅街でも有名で港を見下ろすロケーションの処には豪邸がずらり・・・


今夜は良い夢が見れそうです。










スポンサーサイト
おみやげ いろいろ
北海道には欲しいものがいっぱいあって困っちゃいます(笑)。


P1020153.jpg

ホワイトアスパラにはレシピまで添えられてありました。
とにかく新鮮そのもの、ゆで時間もあっという間です。

メロンも夕張に富良野が有名ですが、函館の朝市で「あさひメロン」を
買いました。試食させてもらったのが余りにも美味しかったので・・・(こくがあって甘~い)


じゃがポックルも知る人ぞ知る、ご当地の人気商品。今でも1人5個まで、なんですよ。

P1020157.jpg

富良野でランチをした際飲んだワインが美味しかったので。
主人におみやげ・・・


もちろん息子たちにもそれぞれ北の国から送りました。
長男ファミリーにはメロンを二個、次男ファミリーにはご当地ビールを。
喜ぶ顔が目に浮かびます!!


朝食をすませ函館にむかいます。

P1020056.jpg

P1020058.jpg

  行ってきまーす。

北海道 定山渓温泉
今日のお宿は静かで隠れ家的な雰囲気がする「翠蝶館」です。


P1020053.jpg




温泉で疲れをとり食事処で夕食。さて今夜は何が??


先付け

P1020042.jpg

サクラエビの洋風茶碗蒸し、オマールとアボガドの生春巻など


海鮮お造り:真鯛に帆立、炙りカツオなど

P1020043.jpg


じゃがいもとコーンのポタージュ


P1020047.jpg



桜鱒のソテーと美瑛和牛

P1020048.jpg


発芽雑穀米

P1020049.jpg


本日のスイーツ

P1020050.jpg

P1020051.jpg


完食!!何もかもがうま~い・・・


食事のあと顔のエステ(宿泊時に付いていました)

    おやすみなさい。

北海道 2日目 「風のガーデン」
                北海道は広~い




今日も曇り空。でも暑いよりはいいか・

札幌駅からスーパーカムイに乗り旭川まで列車の旅です。


P1010974.jpg

構内には北海道ならではの列車の名前がずらり・・

P1010976.jpg



駅にはタクシーが迎えてくれました。
感じの良い方で地元ならではのガイドをいろいろしてくださいました。

北海道も今年の春の訪れが二週間ほど遅かったそうです。


P1020002.jpg

どこまでも続くまっすぐな道:車窓からの眺めも何もかも良いとしか・・・

ほとんど通らないであろう特急列車が。

P1020004.jpg

出会うのも珍しいとか!


倉本総さん作「風のガーデン」の舞台になった場所・・
緒方拳さんの遺作にもなりました。


P1020011.jpg

P1020014.jpg

P1020018.jpg

P1020022.jpg

P1020024.jpg

P1020021.jpg

ドラマに出てきた建物です。


このイングリッシュガーデンを作るのにイギリスで学び
3年をかけて完成させた、この庭はゴルフ場の敷地のなかにありました。

自然のなかに溶け込んだそれは素晴らしいお庭!!!
決して作り過ぎでないガーデン:感動の連続でした。

小雨まじりのお天気でしたが葉の上の水玉が、それも絵になりました。


お楽しみのランチは?


地元で評判のレストランを
運転手さんに教えていただきました。


P1020027.jpg



小高い山の上(ぶどうの丘)にあります。

P1020030.jpg

眼下に富良野の街が見渡せます。


私はチーズフォンデュとハンバーグセットをオーダー。(多すぎたかな?)

P1020028.jpg


丸いパンをくりぬいた中にチーズが入っていて
フランスパンに温野菜をつけて頂きました。(絶品でした。多いのでシェアしてね)

大きなハンバーグ!デミグラミソースも美味しい!!

P1020029.jpg


食べすぎるのが怖くなります。

この後富田ファームへ。

ラベンダーにはまだまだ早すぎました。
今年は例年より2週間ほど送れて咲くそうですよ。
ラベンダーの時期には道路がバスや乗用車で交通がマヒするみたい。

P1020035.jpg

看板がオシャレ!

メロンも食べ。

P1020041.jpg

甘くて、ついニッコリ!!!


今日のお宿、定山渓に向います。






北海道へ三泊四日の旅
昨年の秋に続き今年は新緑の北海道へ、姉、弟の三人で三泊四日の旅です。


伊丹空港を昼過ぎのフライトで・・・

P1010939.jpg

曇天の札幌に到着。バスで大通り公園近くのANAホテルへ。


夜の大通り公園を散策。ライトアップされた時計台そしてテレビ塔が綺麗で~す!

P1010966.jpg


P1010969.jpg


楽しみは何と言っても食事、北海道は美味しいものがいっぱいありますものね(笑)。

宿泊するANAホテルの25Fにある日本料理「札幌車屋」で夕食
窓際なので見晴が良いです。



P1010954.jpg

前菜に椀物

P1010955.jpg

上品な薄味(関西風?)

P1010956.jpg

新鮮な刺身に

P1010957.jpg

コースにはないメニュー(お隣の方たちが食べているのが美味しそうだったので)
天ぷらを注文しました。これで一人前、すごい量です。

P1010958.jpg

お魚が抜群に!!

P1010960.jpg

じゃがいもの団子(こくがあっておいしい)の餡かけ

P1010961.jpg

デザート

P1010962.jpg

シャーベットが口の中を爽やかにしてくれます。

ごちそうさまでした!!  明日の天気はどうかな? では、おやすみなさい。

野菜の50℃洗いってご存知??
以前、栄養士のかたに野菜を50℃洗いするとシャッキとして
長持ちするよ。と教えてもらったのに忘れていてひょんなことから
また始めました。

暑いこの時季、レタスなど葉物野菜持ちは悪いので本当に助かります!!

50℃;温度計で測るの面倒?いえ、沸騰したお湯と同量の水をプラス、50℃に
なります。

レタスなど4~5日はシャキシャキしたままで美味しくいただけます。
バナナは皮が厚いので5分位漬けておくと安価なバナナが台湾バナナのように
甘くてコクのある味になります。

この50℃洗いにはきちっとした根拠があるんですね。
ネットに解説がなされています。

夏野菜カレー
真夏を思わせる今日の夕食に夏野菜たっぷりのカレーを作りました。


P1010918.jpg


野菜カレーは牛ミンチ(フードプロセッサーで作ります)を使います。

ミンチに玉ねぎ、ジャガイモ、にんじん、数種類入ったカレースパイスを
炒め赤ワインを入れ野菜に火が通るまで煮ます。
トマトも入れて(缶詰のトマトでも)。


畑で収穫したズッキーニ、ピーマン、なすび、そしてパプリカを素揚げして
ルーの上にトッピングしました。



好きなガラスの器にサラダを盛って!サフランライスもね!


P1010920.jpg


食欲のない日はとくにお奨めの一品です。
指揮者  小林研一郎
コバケンこと小林先生の指導が急きょ決まりました。
生のコバケンを見るのは初めての私・・指導が厳しいとの前評判!
始まる前までワクワクとドキドキでした。

先生は小柄でとても華奢な方、でも「炎のコバケン」として有名ですよね。


練習が始まるや370名の団員の集中力が半端ない。
今日は楽譜を外しましょう・の一言で練習開始。いつもは走る男性群も指揮を
しっかり見ているせいか今日はバッチリです。

声の出し方も独特の指導で引き出されます。厳しくときにはユーモアも交えて
笑いを誘って・・いつしか先生の魅力に惹きこまれていました。

2時間立ちっぱなしの練習でしたが疲れを感じることも忘れていました。
一流と言われる方はスゴイ!!!

次の練習が待ち遠しいです。本番は7月5日(フェスティバルホール)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。