スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふるさとくらぶ
「ふるさとくらぶ」で真夏の行事、焼肉パーティがありました。


朝からみんなで準備に大わらわです。


なかでも火おこしは大変な作業です。
手前の彼女、さすが手慣れたもの。あっと云う間にこのとおり!!

P1020251.jpg


たくさんの具材が並びました。アルミ箔の中味はニンニクです。
となりの、はんぺん(以外に美味しい)。
今日の主役の大量のお肉はなぜか写真に写ってな~い?


a.jpg


P1020246b.jpg

もぎたての野菜を氷水で冷やして涼しそう!



おにぎりも出来上がりました。

P1020254b.jpg


P1020255.jpg

炊きソバは男性群の仕事。

P1020257.jpg


具材が次々に焼き上がっていきます。どれも美味しそうです。
仲間でワイアイ賑やかにお喋りしながら戸外で食べるのは格別!!


食事の後はビンゴゲームで盛り上がり!


               ~たのしい一日でした~








スポンサーサイト
「ふたば」でランチ
外環沿いにあるエディオンからすぐの処にあります。


P1020220.jpg

中はこんな感じです。

P1020241.jpg

木をふんだんに使い内装もオシャレで清潔感あふれるお店です。

友人が1260円のランチを予約しておいてくれました。


前菜

P1020222.jpg

ガラスの小鉢に入っているのはラタテューユ(暑い夏にピッタリ)
サラダのドレッシングも美味しい。


私の大好きな一品

P1020224.jpg

ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)


牛肉のワイン煮

P1020225.jpg

お肉がトロトロで、良いお味!!


デザートは

P1020228.jpg

ブラマンジェ(杏仁豆腐に似た味よね、と)



すべてのお料理が土物の器に盛られていました。
和食器にフレンチ、ベストマッチングでした。


店内には売店もあり欲しいものがいっぱい!!


P1020234.jpg


P1020237.jpg

色も形も素敵なワインクーラー(こんなの大好き!)


スタッフもこのような若い人ばっかりでしたよ。

P1020232.jpg

このお野菜はぜ~んぶ本物です。(人形は違いますよ(笑))


6月にオープンしたばかりのこのお店、中は広いのに結構混んでいました。
宣伝もあまりしていない様なのに口コミなんでしょうね。  
お奨めのレストランです。
夜もリーズナブルらしいですよ。(次回は夜ですね)



女子会
ふるさとくらぶ主催の一泊旅行の打ち合わせをするので
和泉市の「さくらカフェ」で女子会を・いつものメンバーが集合!

紅葉の頃に姫路城に行くことになりましたので。
メンバーの中に姫路にも家があり、この方面に精通されている方がおられるので
見どころ等、色々説明してもらいました。

このお店はPM2時までモーニングが食べられるんですよ。
集まりが2時だったので昼食を済ませて行ったのですが・・・
メニューを見たらパンを食べたくなり、
この時間ならモーニングOKですよ。と聞き


P1020199.jpg

何人かで、分けっこしていただきました。

P1020201.jpg

可愛いベアのカプチーノ(近頃はこのアートが流行りなんですね)。



P1020205.jpg



店内もご覧のとおり、壁面にも桜のモチーフが・・・
さくらの開花時期中庭に植えてある桜が満開になり綺麗なんですって。


P1020206.jpg

オープンカフェになっていて素適な器がみられます。

このお店のパンはどれも本当に美味しくて行く度に何を食べようか
迷います。常連になってます。
焼肉
連休に息子ファミリーがやってきました。

孫ちゃんも2才半片時もじっとしていないので、目が離せません。

孫も含めて食べるのが大好き人たち:夕食は焼肉に決まり・・


P1020198.jpg


富良野ワインも今日のために主人も飲まないで息子たちと一緒にと、
この日まで飲むのを我慢?していたようです。


お肉も買いすぎたかな??と思いましたが何の何の・・・
あのチビまでガツガツ~もう呆気にとられるやら~


普段は二人で囲む食卓、たまにはこんな賑やかなこともありかな・・・


今は乗り物の絵本が大好きな孫に書店で絵本を買ってやり大喜び!!!
「ぐりとぐら」シリーズもね(挿絵が素晴らしい)。


ヴェルディ 「レクイエム」
7月5日(金)   大阪フェスティバルホール  PM7時開演


いよいよこの日がやってきました。

P1020193.jpg


満席のホールの舞台に立った瞬間、鳥肌がたち震えが・・・


合唱団創立50周年記念演奏会にふさわしい今回のコンサートは
マエストロはじめ超豪華メンバーのソリスト、大阪フィルハーモニー交響楽団
そして大阪新音フロイデ合唱団(総勢360名)で開催されました。


この半年間私たちを懸命に支え指導してくださった先生方、いろんな事が
走馬灯のように頭をよぎります。

また、マエストロ:小林先生の厳しさのなかにユーモアと情熱あふれる
ご指導には魅了されっぱなしでした。

歌い始めは緊張していましたが、マエストロの巧みな指揮に自身普段通りに
歌っていくことが出来ました。

終曲のリベラメでは感情移入してしまい涙が出そうになり、歪んだ顔で歌っていたかも?です。


歌い終わった後、マエストロの指揮棒がピタリと止まったまま、微動だにしない
姿が今でも脳裏に焼き付いています。


その後の割れんばかりの拍手とあちらこちらから起こる「ブラボー!!!」の声
舞台上の人だけに与えられた感動、感動!!!


最後に小林先生が舞台から挨拶された言葉から・・・

新しく、より素晴らしくなったこの大阪フェスティバルホールに
これからも皆さまどうぞお越しください。(姉いわく、若い素敵な声ね)



これから打ち上げの会場へ~


P1020163.jpg

三原先生のほっとした笑顔がチャーミング(素晴らしいバリトンをありがとうございました)


P1020186.jpg

私たちを支え続けてくださった先生方。

ピアニストの垣内先生、河田先生、西畑先生、福井先生(温かいご指導をありがとうござました)


拍手で迎えられてコバケンさんの登場です。



P1020181.jpg


皆さまは「ヴェルディに恋をされたのです」会場がどっと沸いた瞬間です。
いえいえ、私たちは先生に恋をしたのです。


マイクを握った方のなかには

P1020179.jpg

この方は鳥取から参加されたんですって!
もうビックリするやら。すごいね~、の言葉しかね・・


打ち上げのお開きは、時計の針がまもなく11時を指していました。


終電になるので親しい友人と市内のホテルに宿泊
余韻を存分に味わいながら深夜までおしゃべり・・・

ある時は厳しくまた巧みな話術が聞けなくなる寂しさ
そして寒がりでもあったコバケンさん。いつかまた先生のもとで歌いたいです。





旅  四日目(最終日)
北海道旅行の最終日。

一度覗いてみたかった函館の朝市、平日なのにこの賑わい!

P1020123.jpg

ここで、グリーンアスパラやあさひメロンそしてイクラも購入。

ホテルに戻り自宅に宅急便でお土産などの荷物を・・帰りがらくちん!


P1020132.jpg

展望台から見下ろすと五稜郭がはっきり見えます。

日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡に指定されています。
幕軍と官軍の最期の戦いである箱館戦争の舞台となったことで有名な場所です。

P1020126.jpg

新緑の緑と相まって函館の街並みが綺麗です。


そしてトラピスチヌ修道院へ。


P1020137.jpg

P1020138.jpg

小高い丘の上に位置するこの修道院は、果てしなく静かで厳かな修道院でした。


遠くに津軽海峡が望めます。

P1020144.jpg


今回の4日間の旅、姉いわく:本当に密度の濃い旅行やったね!と。
そのとおり。元気な内にまたどこか行こうねと約束。。。


P1020152.jpg

機内から見える空の景色、良いものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。