スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際交流協会の催し
東日本大震災の後も地震が多発している今
    
   災害時の「食」について学ぼう! の講習会があり取材も兼ねて参加しました。

講師は栄養士の安藤、岸川両先生です。

P1010362.jpg


災害に遭った時「三日間は自己責任」自分たちで日頃から準備しておきたいものや
ストックしておくと便利な物etcの話を聴きました。

P1010356.jpg

身近にある商品がならんでいます。

新聞紙でお皿とコップ、アルミ箔とティッシュと食用油で、ほのぼの灯りを
作りました。

P1010373.jpg

火をつけると

P1010358.jpg


今回調理したのは
「カレースープ」、「なんちゃってナゲット」、「ぱらぱらチャーハン」、おやつの「キャラメル麩」


P1010383.jpg

出来上がりを皆で試食しましたが非常食とは思えないほど
美味しかったです。

災害に遭った時は頭がパニックになると思います。でも冷静になったとき
講習会で学んだことを少しでも思い出せれば良いかなと思います。

日頃の「備えあれば憂いなし」ですね。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。