スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指揮者  小林研一郎
コバケンこと小林先生の指導が急きょ決まりました。
生のコバケンを見るのは初めての私・・指導が厳しいとの前評判!
始まる前までワクワクとドキドキでした。

先生は小柄でとても華奢な方、でも「炎のコバケン」として有名ですよね。


練習が始まるや370名の団員の集中力が半端ない。
今日は楽譜を外しましょう・の一言で練習開始。いつもは走る男性群も指揮を
しっかり見ているせいか今日はバッチリです。

声の出し方も独特の指導で引き出されます。厳しくときにはユーモアも交えて
笑いを誘って・・いつしか先生の魅力に惹きこまれていました。

2時間立ちっぱなしの練習でしたが疲れを感じることも忘れていました。
一流と言われる方はスゴイ!!!

次の練習が待ち遠しいです。本番は7月5日(フェスティバルホール)
コメント
先日はありがとうございます
こんばんは♪
先日は・・・というか、もう覚えていらっしゃらないかもしれませんが、1月にコメントをいただきありがとうございます。
実は1月から5月アタマまで金沢を離れていまして、ほとんどブログを見れずに過ごしていました(^^;。お返事が遅くなり、大変申し訳ありません。。。

また、リンクも張っていただきありがとうございます。
こちらからも相互リンクさせていただきました。

合唱でしょうか?
初めて訪れた指揮者が370名もの団員をピシっと統括するとは・・・厳しくもあり優しくもある、そんなお人柄が団員にも伝わったんでしょうね。
この世界はすごいですね。
昔、家内が某市の合唱団のピアノ演奏をやってまして・・・指揮者のオーラは常々感じていました。

では、またお邪魔しますね♪
2013/06/05(Wed) 22:21 | URL | まっさ | 【編集
ありがとうございます。

今年はヴェルディ生誕200年です。
この記念すべき年にヴェルディの「レクイエム」を歌います。

また素敵な写真を見に伺いますね。
2013/06/08(Sat) 16:08 | URL | フローラ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。