スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三日目   函館観光
姉が一番訪れたかった今回の旅  ~函館~


ランチはお寿司:下調べをした回転すし店へ(写真を撮るのを忘れてしまってます)

そして

P1020065.jpg

函館港


ベイエリア:この辺りは異国情緒たっぷりで石畳の道を歩くのも楽しい!!

P1020066.jpg


運転手さんのお奨めの立ち待ち岬へ。


P1020076.jpg

断崖絶壁の景色に目を見張りました。

P1020079.jpg

P1020071.jpg

ハマナスの花が満開で綺麗でしたよ!!

立ち待ち岬に向かう途中には石川啄木一族のお墓がありました。


今日のお宿は湯の川温泉「望楼 NOGUCHI」


P1020084.jpg

どこかで見た名前(笑)

P1020086.jpg

天然温泉かけ流しの客室風呂付きのお部屋、ちょこっと贅沢な気分。
いつでもゆっくり入れて嬉しいです。


P1020085.jpg

部屋からは津軽海峡や雄大な函館山が見え最高でした。


夜は、あの函館山の夜景を見にいきます。(もやが立ち込めることが多いこの時季
頂上からは五分五分の確立でしかしか見ることが出来ないそうです。)


P1020104.jpg

2合目から見た夜景!!きれ~い!!!


ここの海は右が津軽海峡、左が函館湾。

じつはこの明かり、函館市を上げて暮らしや街並みを生かした夜景づくりを目指してきた成果。温かみのあるオレンジ色の街灯を整備したり、歴史ある建物をライトアップしたり、家庭の明かりをパワーアップしたりと、夜景を引き立たせる取り組みが実を結んで、「宝石箱をひっくり返したような」にぎわいの明かりをつくり出しています。といろいろ教えて頂きました。(目にしっかり焼き付けました。)


このあと昼に訪れたベイエリアに・・夜は別世界!

P1020110.jpg


坂道が多く、坂を登りきったところに明治時代に建築された洋風の建物、
鹿鳴館を思わせる公会堂(今でもクラシックの演奏会などに使用されています)、
ハリスト正教会、そしてフランスの教会などがあり見て飽きることがありません。
また高級住宅街でも有名で港を見下ろすロケーションの処には豪邸がずらり・・・


今夜は良い夢が見れそうです。










コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。