スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目夕方~5日目
目抜き通りのスーク(市場)には土産物をはじめ衣類、金細工、カーペットなど様々な
ものが売られています。

面白かったのは、綺麗な布地のおしゃれなバッグがあったので値札が付いてないので聞くと
350ディラハムと云うので高いというと今度はいきなり200DH、もういらないと店を出ると最後は
55DHまですると云うのです。結局は買わずに出ましたが・・・


P1060531.jpg
ランプと履物が売られています。


夕方からお祭り騒ぎになるジャマ・エル・フナ広場


屋台、大道芸、ベルベルダンス、ヘビ使いなどでごったがえしていました。

P1060533.jpg


5日目も快晴
今日はアトラス山脈を越えて行きます。

途中
アルガンオイル工房で買い物

エッセンシャルオイルとパンにつけると美味しいオイルを購入
出来上がる行程が大変(すべて手作り)なので高価です。

P1060570.jpg
働いていた女性たちと記念写真


ティシュカ峠の標高

P1060576.jpg
強風で吹き飛ばされそう、帽子をおさえて。


アイトベンハドウのパノラマ

P1060563.jpg

P1060559.jpg
この景観、目に焼き付けておこう!


寒かったので温かい

P1060586.jpg
牛肉のタジン。スペイン風オムレツも美味しかった。


アトラスを越えると別世界の風景が。

サハラ砂漠の入り口ワルザワードは1920年代はフランス軍の最前線の
基地だったのが今はモロッコ軍が駐屯しています。

P1060580.jpg
遠くにミナレットが見えます。

ワルザワード一帯は、映画「アラビアのロレンス」を撮影して以来、
この地域は今では40本を越える映画の舞台になっています。


アイトバンハッドウは、日干しレンガ造りの古いカスバ(要塞)の村

P1060601.jpg
アーモンドの花の前で



P1060592.jpg

現地のガイドさんと

P1060607.jpg
アイトバンハッドウ頂上で

P1060604.jpg
ロケに使われた場所

P1060603.jpg

川のほとりにある丘の斜面を利用して、立体的に造られているこの村は
「ユネスコの世界遺産」に登録されています。

今この村に住んでいるのはベルベル人の5家族だけ。
一軒の家を訪ねました。

P1060613.jpg
居間兼寝室、台所にはプロパンガスもありビックリしました。


P1060618.jpg
遠くに見えたミナレットがこんなに大きく!

P1060617.jpg
ガイドさんと一緒に撮ったのはこのてっぺんから、よく登りました(眺望が抜群でした。)

町はずれにあるタウリルトのカスバ(要塞)


P1060623.jpg

今日はこの近くに泊まります。
明日はいよいよサハラ砂漠です。




















コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。