スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅 6日目
モロッコの民族構成
アラブ人 65% ・ベルベル人(先住民族) 30% ・その他 5%

泊まったフィントH、小さくかわいいホテルでした。

P1060632.jpg

P1060627.jpg


テラスからの朝の景色も~~

P1060637.jpg

このお天気、いつまでも続いてほしいです。

ワルザワードからカスバ街道(要塞)をひた走ります。

P1060645.jpg

ベンモローのカスバそしてオアシス
大パノラマが続きます。

満開のアーモンドの花が真っ青の空に映えて・・・

P1060652.jpg


散歩をしていたおじさん

P1060654.jpg
映してほしそうな様子だったのでパチリ・・



今日のはミートボ-ルと玉子タジン

P1060662.jpg
具材が毎回かわり味付けも違うので食べ飽きることがありません。
特筆すべきはモロッコ料理すべてが薄味だということ。


P1060674.jpg

青い空、赤茶けた山に緑のオアシス、そして民家が・・・
添乗員さんがこの景色いいでしょう。覚えておいてくださいよ!

トドラ渓谷へ。バスから降り渓谷沿いを歩きました。

P1060677.jpg


P1060683.jpg
本当はこのレストランでランチの予定でしたが数日まえの夕方崖が突然崩れ落ち
レストランが閉鎖になったそうです。こんなことがあるんですね。

P1060681.jpg


ここがカスバ街道きってのスペクタクルな景勝地、トドラ渓谷。
ヨーロッパのロッククライマーたちは、わざわざこの岸壁で練習をするため集まってくるそうです。

これか4WDに乗りかえ砂漠へむかいます。


P1060696.jpg
影がながーく伸びて・・・

P1060700.jpg
カスバ・オテル・トンブクトウ(月がホテルの真上に出ていました)

そして


P1060710.jpg

ベストな写真!!!!!が撮れました。

サハラ砂漠にある一番のホテル高級ホテル(なかなか予約が取れない)
テレビでも度々見ていてまさか自分が泊まれるなんて。

P1060711.jpg

日が落ちると寒いのでロビーでは薪ストーブが焚かれています。

おしゃれなバーもあります。

P1060717.jpg

夕食のあと星空を観測。
月が明るすぎて・・・でも北斗七星と金星がくっきり、鮮やかに見ることが
できました。

明日朝はいよいよです。  おやすみなさい。




















コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。