スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦渦の跡  旅(8)
帰国の日バスでボスニア・ヘルツェゴビナの首都「サラエボ」へ。

途中、モスタルに立ち寄りました。
ここには内戦の傷跡が生々しく残された住居がたくさんあります。

mostar4.jpg
 このアパートには今も人が住んでいます。

P1000710n.jpgP1000712n.jpg
廃墟となった家と生々しい傷跡です。

P1000721n.jpg
P1000720n.jpg

このネレトヴァ川の石橋は内戦で破壊され
そのときの様子が世界中に配信され話題になりました。

その後立派に建て替えられました。

ここにはトルコ人などイスラム圏の方達が多く住んでいます。
水の色も景色も綺麗、モスクもたくさんあります。

言葉
攻撃を受けた町の地図です。
  橋の袂には「この悲しみを忘れない」と書かれた大きな石が!!

P1000701n.jpg
この静なアドリア海や綺麗な湖、そして飽きることのない景色。


旧ユーゴスラビアから独立をめざして戦った多くの人たち。
この内戦で約20万人の尊い命が犠牲になったと聞きました。

「自由と平和」があたり前の世界が一日も早く来ることを願います。


空港
小さな売店がひとつあるだけの簡素なサラエボ国際空港。
ライオンズクラブ主催の募金箱には各国の紙幣やコインが。
日本の紙幣が見られるのが嬉しいです。

これで10日間の旅はおわりました。
京都から参加された高齢(ご主人は81歳)の方や足の不自由の方も
おられましたが皆さん私よりズーと元気で勇気を頂きました。
これが最後の海外旅行?と不安でしたがもう少し行けそうかな。。。
















コメント
No title
内容の濃いステキな旅だったんですね~
感動していたら
最後の1行に爆笑!
これからも、まだまだ
楽しまれますよね^^v
2009/06/19(Fri) 22:22 | URL | LoveAsian | 【編集
No title
楽しいリポートありがとうございました。日ごろ培った才能でしょうか、一緒に参加させていただいたような気分を、味わわせていただきました。またの海外旅行、楽しみにしています。
絶対、行けますって!(^-^)v
2009/06/20(Sat) 16:12 | URL | gateau chocolat | 【編集
No title
フローラ・フローラさんのカメラテクニックがお上手なのでしょうね。
アップされた写真、それぞれ全部が「絵」になる写真ばかりで・・・。
もぉうっとり~ため息がでました。
行ったことのないところばかりですので、
私もおうちに居ながら旅した気分を味わわせていただきました。
次回の旅行道中記も楽しみにしてます。
次はどちらに?^^
2009/06/20(Sat) 22:48 | URL | しるきゃむ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。